評判のいい弁護士を雇うにはすずたか総合法律事務に依頼しよう

早めに依頼する

男性

法人税の申告の確認

中小企業や個人事業者にとって税金の申告は難しい作業です。税制が毎年のように変更されるため、フォローしきれないケースが出て来ます。消費税の処理についても、どのようにすれば一番良いのかシミュレーションしなければ判断できません。一遍位処理をお願いするのは大変ですから、年間の顧問契約を行い、難しい取引が発生した時には事前に相談をしておくと確定申告の際に手間が省けます。取引の証憑書類を揃えるだけでも大変ですから、税務申告までするためには相当勉強しなければ出来ません。ある程度の準備をした後に税理士の力を借りることが効率的にはスムーズに進むことになります。年間契約をしていることで申告作業の費用も少なくて済みます。

費用の変動

税理士が伝票の整理から記帳の確認や帳簿の確認など申告に関わる準備段階まで踏み込んで申告書の作成をする場合には料金が高くなりますが、単位申告書の作成のみであれば消費税の申告書と合わせても10万円程度の支払いで済ますことが出来ます。一旦税理士の作成した申告書を参考にすれば、翌年からは税理士に頼らなくても申告書の作成が可能になります。しかしながら申告書は自分で作成するとしても一年の間にはいろいろな取引が発生するので税務問題で疑問に思うことが起きた場合の相談先として顧問契約は残しておくことが大事です。税務問題を独断で判断することは場合によっては非常に危険なことになる可能性があるからです。税理士であれば事前に税務署に問い合わせを行ったうえで処理をすることが可能です。