評判のいい弁護士を雇うにはすずたか総合法律事務に依頼しよう

離婚の問題

女性

離婚トラブルで原因として大きな要素となっているのが浮気であり、これが発覚した場合には相手に対して慰謝料請求をすることが出来ます。そこで浮気が原因で慰謝料請求をする場合において、その価格や相場は一体どれくらいになっているのかを検証していきます。多くの裁判の事例では浮気が原因で離婚する場合の慰謝料の相場は、大体100万円から300万円くらいとなっています。平均額は大体これくらいになっていますが、ケースによってはこれ以上になることもあればこれ以下になることもあります。また慰謝料請求に関しては証拠の提示が条件となっており、裁判所に認めてもらえることが大前提となっています。よって浮気が原因で離婚になった場合の慰謝料の平均額は、今現在では約300万円が上限となっている傾向が見られます。

相手の不貞行為が発覚した場合に離婚を申し出ることが出来、場合によってはそれに加えて慰謝料請求も申請することが出来ます。その場合に弁護士と協力をしていくことが多いですが、法律の専門家と一緒に行っていくことにどんな特徴があるかを紹介します。最も大きな特徴や要因として、法律の専門家の力を借りれるため相手に対してより確かに請求が出来ることがあります。これによって個人同士で言い争いをするよりも物事がスムーズに進むため、相手に対して慰謝料請求も行いやすくなっています。また弁護士に依頼することによって自分の負担が軽くなるメリットもあるため、このようなプラス要因も合わせて含まれてます。以上のことから弁護士に依頼するメリットとして、法律の専門家が味方に付くことによって正確な慰謝料請求が出来ることにあります。